【007】美人すぎると話題のパロマ(アナ・デ・アルマス)の魅力を徹底解剖【ノー・タイム・トゥ・ダイ】

記事更新日: 2021/10/07

ライター: わたじろー

この記事を書いた人
VODをこよなく愛する わたじろー 
月に3回、VODデイとして朝5時から夜23時まで映画を観ることが習慣。
これまで観た映画の本数は3,000本以上。
最近007シリーズにハマり、24作品を一気に視聴。最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」は公開初日に視聴。
007最新作のボンドガール「パロマ」が大好き。パロマの魅力をお伝えします。

わたじろー

その可愛さとかっこよさで話題沸騰中のアナ・デ・アルマス演じる「パロマ」について解説します!

 

SNS上でも、「めちゃくちゃ可愛い」「美人すぎて目が離せない」「セクシーすぎる」「惚れた」と話題になっていましたね!

わたじろー

映画を観た人のほとんどがパロマに魅了されたと思います。

 

さっそく、そんなパロマの魅力がわかる口コミを1つご紹介しておきます!

▼この記事で分かること
・007 ノー・タイム・トゥ・ダイで登場したパロマとは?
・パロマの魅力は?なぜそんなに人気なのか?
・パロマを演じたアナ・デ・アルマスとは?

わたじろー

登場していた時間が短かったにも関わらず、その魅力で007のキャラの中でいま最も注目されている「パロマ」

 

この記事では、美人すぎると話題沸騰中のパロマの魅力に迫ります!

007最新作の登場人物でいま最も注目されているパロマとは?

わたじろー

パロマは、アメリカの対外情報機関CIAの新米エージェントです。

 

作品の序盤に登場し、ボンドがキューバーに行ったときに協力をしてくれます。

 

007 ノー・タイム・トゥ・ダイで初登場のキャラクターですが、いま最も注目されているキャラなんですよねー!

わたじろー

そうなんです!

SNSなどでパロマを検索すると、「見た目も中身も最高!」「これだけで007 ノー・タイム・トゥ・ダイを観に来たかいがあった」と、非常に人気なキャラであることが分かります。

登場シーンが短いにもかかわらず、圧倒的な存在感とアクションを見せて観客を魅了したパロマ。

007でこれだけ話題になったのは、ベン・ウィショー演じるQが初登場したときくらいです。

わたじろー

パロマの登場シーンに関する口コミを、何個か紹介しますね!

わたじろー

女性からの人気も高いパロマですが、特に男性陣はメロメロにされてしまった人は多いようです。

セクシーなドレス姿で観客を魅了したパロマの魅力とは?

わたじろー

パロマといえば、セクシーなドレス姿で行う、激しいアクションシーンの評判が非常に良いです。

その点に関する声は、口コミでも多くありました!

no time to dieのpalomaがヒロインより綺麗だった、ドレスもいいし格闘シーンもカッコいい#007ノー・タイム・トゥ・ダイpic.twitter.com/qmxsnnsHVP

わたじろー

パロマの第一印象は、007シリーズにありがちなお色気担当の美人さん。

そんなふうに感じた人は多かったのではないでしょうか。

実際、「こんな大きな仕事は初めて!」と緊張し、危なっかしいドジっ子的な一面も多く見せていました。

明らかに戦闘に適していないドレスを身につけ、「3週間トレーニング積んだから大丈夫!」と笑顔で発言するパロマ。

それを見て、多分大丈夫ではなさそうだなと心の中で突っ込んだ人も多かったのではないでしょうか。

わたじろー

しかし、いざ実践になると、激しく華麗なアクションシーンの連続、ボンドとの息の合った連携プレイ、美しすぎるガンアクションを楽しそうにこなすパロマ。

その目を見張る光景に、あっという間に目も心も奪われた人は多かったはずです。

美人すぎる外見だけではなく、愛らしい性格。

そして、最初の危なっかしい姿からは想像もできなかった、エージェントとして非常に高い能力

そのギャップに、心を撃ち抜かれた人も多かったようです。

わたじろー

美人すぎる外見と、可愛すぎる性格で、パロマはSNSでも話題を独占しています。

 

公開間もないのに、早くもスピンオフを望む声が出ているほどです!

私もパロマのカッコ可愛さに魅入られたうちの一人なので、ぜひスピンオフは実現してほしいです。

わたじろー

ちなみに、ボンドガール(ボンドウーマン)と呼ばれる007の美女の中で、「007は二度死ぬ」に登場したキッシー鈴木「カジノ・ロワイヤル」に登場したヴェスパー・リンドメインヒロインの2人が人気を二分していました。

しかし、今回のパロマは出番が少ないながら、その2強の争いに割って入れるくらいの人気になると思います。

実際、本作で一番好きなアクションシーンは、ボンドではなくパロマのアクションシーンです!と言い出す人もいるくらいです。

わたじろー

SNSでは、主役のボンドやヒロインのマドレーヌを差し置いて、いま最も話題になっているキャラです。

 

そんなパロマの魅力がわかる口コミを何個かご紹介します!

パロマを演じたハリウッドの注目女優アナ・デ・アルマスとは?

わたじろー

パロマを演じたのは、ハリウッドきっての注目女優である、アナ・デ・アルマスです。

1988年にキューバで生まれ、14歳から演劇学校に通っていました。

そして、16歳で早くも「カリブの白い薔薇」で女優デビューをし、2015年にはキアヌ・リーブスと共演した「ノックノック」、2017年には「ブレードランナー 2049」に大抜擢され、どんどん注目をされていきました。

わたじろー

ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグとも、2019年に「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」で共演をしています。

2022年には、「Blonde」という映画でマリリンモンロー役を演じることが決まっています。

 

私は今回の007でアナ・デ・アルマスを知ったのですが、有名な女優さんだったんですね!

わたじろー

そうなんです!

多忙のため、007の撮影に合流するまでのスケジュールがタイトで、アクションの練習期間として3週間しかとれなかったようです。

 

そのことは、映画でもネタにされていますよ!

わたじろー

本作のパロマは、キューバの諜報員という設定です。

パロマというキャラの構想段階から、監督とアナ・デ・アルマスの間で話し合いの機会があったようです。

パロマを演じるアナ・デ・アルマスがキューバ出身だということも、映画の設定に影響を与えたのかもしれないですね。

わたじろー

ちなみにパロマは元々脚本には登場しないキャラでした。

しかし、監督がアナ・デ・アルマスのファンだったこともあり、映画に登場しました。

そのため、パロマの登場シーンがなくても、007 ノー・タイム・トゥ・ダイのストーリーは問題なく成り立ちます。

 

映画に不要なシーンや不必要な有名女優を起用すると、バッシングされるケースって多いですよね。

わたじろー

そうなんです!

しかし、このパロマの登場シーンにおいては、そういった不満の声は一切ないようです。

それどころか、一番楽しかった時間はパロマが出ていた時間!とまでいう人までいます。

まとめ

007 ノー・タイム・トゥ・ダイで登場シーンが少ないにも関わらず、人気が非常に高いパロマ。

この記事では触れなかったのですが、ジェームズ・ボンドが引退した後に007になった、ノーミも注目キャラの1人です。

わたじろー

パロマとノーミ、どちらも非常に魅力的なキャラですので、ぜひ映画館で観てみてくださいね。

 

二人のアクションシーン満載の動画が公式Twitterにあったので、最後に紹介しておきます!

この記事を書いたライター

わたじろー

生まれも育ちも神奈川県。元県庁職員。

これまで観た映画の本数は3,000本以上。多いときには1日10本映画鑑賞するタフガイ。

「公務員を辞めた理由は、映画を観たかったからでは?」とうわさされるくらいの映画好き。

実際の退職理由は、自由な立場から社会福祉や介護の分野に貢献するため。

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ