効果のある除湿剤だけを紹介!おススメの除湿剤10選【2021年版】

記事更新日: 2021/06/02

ライター: Naoko

Naoko

こんにちは!ロハリブのNaokoです。今回はこれから梅雨の季節に備えて、

実は便利な「除湿剤」について、ご紹介するために色々調べてみました。

是非参考にしてみてください!

種類がいっぱいあってわからない..そんな方必見です。

 

この記事を書いた人
Naoko

IT業界にいつつ馬術業界でも修行中。
掃除や整理整頓は基本的に好き。ただし、自分の時間には限りがあることを実感しているのと、掃除にのめりこんでしまうので、時間を使い切ってしまうため、自分の時間を節約して利用できる今回のハウスクリーニングも選択肢の1つとして検討。
詳しいプロフィール

 

 

そもそも除湿剤とは..?

手軽に除湿ができるので、カビてほしくない物の近くに置く、クローゼットやキッチン周り

適度な湿度を保つ目的で使われることが多いです。

密室、湿気をためたくない押し入れ、下駄箱などの湿気取りができるので、防カビ効果を期待できる商品もあります。

基本的に使い捨てのタイプで種類は豊富(シート、スリム、置き型、引っ掛けるタイプなど)

種類豊富とはいえ....

 

この記事を読んで分かること
  • 実は便利な除湿剤について
  • 除湿剤ってどんなことができるのか
  • タイプ別の選び方のコツ

 

1.除湿剤とは

Naoko

アイディア次第で様々な使い方ができ、色々な場所に置くことができる除湿剤

そもそもどんなものなのかについて紹介します。

除湿剤ってなにでできてるの?

中に白い粒粒のものが入っているのはお気づきでしょうか?

成分は大半が、「塩化カルシウム」です。

空気中の水分を吸収し、粒粒が水分に変化することで、結果吸湿してます。

質量の3~4倍の水分を吸湿することが可能です。

シリカゲル」のものもありますが、吸湿量は5割です。

塩化カルシウム」のものが強力です。

ここに「防カビ剤」や「消臭剤」 が添加されて商品化されているものが大半です。

除湿剤は大きく3種類に分類される

置き型シートタイプ吊るし型

どんな場所の湿気を取りたいかで選ぶのがおすすめです。

一番吸湿力があるのは質量のある、「置き型」です。

除湿剤を置くべき場所は?

近年の日本の住居は気密性が高められていることにより、湿気がたまりやすい弱点があります。

キッチン…粉類など乾燥させたい食品の周り

浴室周り…カビが生えやすい

衣類…季節物を保管しているクローゼットや押し入れ

玄関…靴箱

その他…革製品、楽器、カメラなどの精密機器の保管場所

除湿剤がもたらす効果は?

とにかく「吸湿」「乾燥」させたいのなら、「除湿剤」を使ってみてください。

防カビ剤」が添加されているものであればカビを防げます。

消臭効果」のある成分が添加されているものであれば、いやなにおいを防ぐこともできます。

2.正しい除湿剤の選び方は?

中身の種類で選ぶ

基本的には、「吸湿」する「塩化カルシウム」もしくは「シリカゲル」がベースです。

防カビ剤

消臭剤」 

それぞれ添加されている物をどこに置きたいのかで選ぶと失敗しないです。

給水量や使用期間で選ぶ

使い捨ての「除湿剤」の効果としては場所、用途にもよりますが

2か月から8か月の商品が多いです。

その中でも、一番容量・使用期間の長いものは「置き型」です。

クローゼットやタンスにはと場所を取らない「シート型」がおすすめです。

値段で選ぶ

除湿剤」は基本的には使い捨てタイプが多いので、値段はそこまで大差がないです。

最近では、ダイソー・セリア・キャンドゥーなどの100円ショップでも手軽に手に入れることができます。

後始末が楽なものを選ぶ

塩化カルシウム」が水分に変わった水分は吸湿」した後に、

水分に変わるタイプ

ゼリー状に変わるタイプ

とあります。

このため、後片付けのことも考えて選ぶことをお勧めします。

水分に変わるタイプであれば、直接触らないようにして、排水溝に捨て

容器はゴミへなどシンプルに廃棄できるもののほうが後片付けも楽です。

ゼリーに変わるタイプはそのまま、ごみとして廃棄すれば問題ないはずです。

最近では、繰り返し使うことができるリユースタイプの「除湿剤」もあります。

+α機能の有無で選ぶ

基本的な、「除湿」成分に加えて以下の成分が添加されているものは

追加の効果が見込めます。

防カビ剤

消臭剤

芳香剤」などが一例です。

こちらも用途によって選ぶのが失敗が少ないです。

3.おすすめの置き型除湿剤4選

Naoko

これまでの選び方のポイントを元に、

実際に商品を選んでみました。

Naoko

クローゼット、靴箱、洗面台色々なところに置きたい。

かつ、そこまでスペースを取りたくない。の視点で選びました。

良い口コミ

さん
評価:
年に数回まとめて交換。
120センチ幅の引き戸クローゼットに3つ
使用していて、上段には洋服下段にはバック。どちらも匂いも気にならずカビもなく
ちゃんと水もたまり良い感じ。

下駄箱にも、押し入れにも大きさがちょうど良く、奥にいれても靴が入る所もちょうど良い。
 
 
評価:
他社製品と比較して、吸湿性がいいように感じました。きちんとラインの高さまで水が溜まります。
ゴミは炭の固形物が出るため
 
悪い口コミ
 
評価:
臭いの気になる、トイレや靴箱、シンク下の収納などに入れてみましたが、よくわかりませんでした。次は、通常品でいいかなー。

除湿剤としては、通常品と同じように働いてくれます
 
評価:
消臭はわからないけれど、何となく取れるなら黒でもいいかな、位で。
薬の保存場所など幅広い範囲で使ってるので結構まとめ買いしないと湿気に追い付かない。

Naoko

さほど悪い口コミを探すほうが難しいくらいで、

商品の質は問題なさそうに思えます。

Naoko

少々スペースがあってクローゼット、洗面台などもっと吸湿したい、

といった視点で選びました。

良い口コミ

 
評価:
定番中の定番ですよね。
私は衣類がものすごく多いので、こちらの商品はリピートしています。
湿気が部屋にたまりやすいので部屋に数カ所置くのに使用してます。

湿気もひどく定期的に替えないとですが、臭いもマシになりますし服へのダメージも気になりません。さすがロングセラー商品ですよね。
 
悪い口コミ
 
評価:
車に積むのにそこそこ安定するので、上から見ておおよそ台形のが良かった
 
 
評価:
まとめて買えたので◯
地味に重いから、届くのは嬉しい。ただ、ドラッグストアで買うほうが安いかも。
前より捨てるときに解体しやすくなっていた。

Naoko

部活の先輩が革製品を梅雨の時期に守る際に効果があるのか、毎年使ってたので、

個人的にも結構おススメです。

Naoko

クローゼット、数か月放置してもっと吸湿したい

放置するのに、カビも防いで、いやなにおいも防ぎたい

そんな視点で選びました。

良い口コミ

 
評価:
湿気の多いウォークインクローゼットで重宝しているため、リピートしました。

吸湿の性能は他社の同様な製品と特に変わりありませんが、魅力は800mlという大容量のため、しばらく放置してもまだ性能が続くことです。かなり湿気る場所で使用していますが、3ヶ月は余裕で大丈夫です。(吸湿性が悪いのではなく、大容量のためです。)

他の湿気取り用製品で本体の容器にヒビが入っていて漏れたという痛い経験がありましたので、しっかりと確認してから置いていますが、この製品でヒビを発見したことはありません (ただし、もしや運送中にダメージがあったときの場合などのために、念のためにご確認をお勧めします)。

お値段的には、400mmなどの小型のものと比べると、その倍のキャパシティですのでお得です。

 

悪い口コミ
 
評価:
レビューに書かれていますが、外れだと全く除湿しません。私の場合は浴室に1日置いても全く水を取りませんでした。3個試して3個とも全滅です。
 
評価:
とてもたくさん吸い取るようです。特に梅雨時期のクローゼットや靴箱に活躍してくれてました。
が、しかし。秋終わり頃に使い始めたらそもそも湿度が低くて容量を持て余してます。半年経っても全然溜まってくれません。少しは溜まりますがオーバースペックでした。

Naoko

思った以上に悪い口コミが多めの印象でした。

大容量なところは、圧勝と言えそうです。

Naoko

大容量でどうせ置くなら、あまり除湿剤の主張のない商品はないものか

といった視点で選んでみました。

良い口コミ

 
評価:
新築は建てて1〜2年はとくに湿度が高くなりやすくカビが発生しやすいと、ハウスメーカーの方から注意されたので梅雨の時期に限らず一年中いろんなところに除湿剤を置いてます。
これは某メーカーのぞうさんよりオシャレなので置いておいてもそれほど気にならないです。
大容量なのでたくさん吸ってくれて、値段もまとめ買いするとお得なので助かってます。

 

悪い口コミ
 
評価:
同時にコンパクトな除湿剤を購入したので、ちょっと邪魔感が!

Naoko

3位と商材自体はかぶりますが、デザイン性の観点に特化した商品はないかと

調べた結果です。

機能的かつデザイン的な商品を探している方にはおススメと言えそうです。

4.おすすめの吊り下げ型除湿剤3選

Naoko

手軽に買えるのとコスパを重視して選んでみました。

 

良い口コミ

 
評価:
今まで色々試しましたが、この製品は一番湿気を吸ってくれる洋服ダンス向けの除湿剤です。ただし、あまりも良く湿気を吸ってくれるため、他の同様な製品と比べて交換時期が早まるといえば、確かにそうです。吸湿量は他製品と比べて大きいのですが、とにかく湿気を吸うスピードが速いため、その分交換時期が他製品と比べて少し早まります。
しかし、この製品を使っていれば湿気臭さや湿気によるダメージなどの心配がないため、私は完全に満足しているため、星5つにしました。もう、何度もリピートで購入しています。
 
悪い口コミ
 
評価:
フックが小さく無理にハンガーかけにつる感じになる。性能はこれから。

Naoko

総じて悪い口コミが見つかりませんでしたが、フックが

小さいのが若干気になるので、サイズは要チェックです。

Naoko

除湿もしたいけど、洋服の消臭もしたいと思って

選びました。

 

良い口コミ

 
評価:
マンション1階に引っ越し、湿気が多いためクローゼットの洋服にカビがはえてしまったため購入してみました。
かけて3週間もすれば、ゼリー状になっています。最初はすぐゼリー状になるように作ってるんじゃないの?と疑っていましたが、クローゼットの中の籠った匂いもなくなり、カビもはえなくなり効果を実感しました。
悪い口コミ
 
評価:
値段の割りには、あまりもたない
 
 
評価:
設置する状況にもよると思いますが、長続きしない印象です。
価格相応かと。
消臭力、設置のしやすさなどは◎ですが、あまりに早い使い捨てになるので、
リピートはどおかな。
利便性の感じ方は人それぞれですね。

Naoko

口コミしらべてみると、長期除湿には向かないようですね。

こまめに取り換える必要がありそうです。

Naoko

万一満足できない場合の返金保証って除湿剤にそこまで補償つけている

珍しさから選びました。

 

良い口コミ

 
評価:
吊り下げるタイプは初めてでしたが面白いくらいに水が溜まっていって次に取り替えるまで2.3週間でした!

ただ…引っかかるフックの取り付けがイマイチでカチッとハマらない…
そこは諦めてテープで止めてました。

いい商品なので改良して欲しい!!
悪い口コミ
 
評価:
クローゼットポールに輪っかが、小さくて入らない。しかなく首の所を一部カットして使用するが強度がない。
首と本体をフック止めするようになっているが、レビューにも書いているように穴が小さくて入りにくい
特に女性が取り付ける場合が多いと思うが可なりの力がいると思われる。間違うと欠陥商品と誤解される恐れあり。
早急に改善した方が良いと思われる(カチッと音がするまで押し込むの説明が欲しい)。効能については取り付けたばかりであり、解らない。

Naoko

良い口コミを探したはずなのに、総じてフックが弱い。と書かれている方が

目立ちました。 そこの点を許容できれば結構商品としての質はよさそうです。

5.おすすめのシート型除湿剤3選

Naoko

値段が安く、手軽に手に入るといった視点で選びました。

 

良い口コミ

 
評価:
これは優秀ですね。今まで衣装ケースの中は防臭剤しか使用していなかったのですが、梅雨の時期の湿気がすごかったのでついでに購入しました。すると、1週間足らずですぐゼリー状になりました。衣装ケースの中ってこんなに湿気があるのかと気づかされました。目に見えて交換時期もわかりますし、そのまま捨てるだけなので便利です。また購入します。
 
悪い口コミ
 
評価:
湿気が多い場所でなくても以外に早くゼリー状になってしまい、それは性能の表れなのかもしれませんが、とにかくコストがかかります。
それなら少し高くても再生出来るタイプのほうがお財布には優しいかと。

Naoko

サイズがやはり小さいので、湿気が多い場所には向かなそうです。

定期的に交換が必要です。

Naoko

除湿に加えて脱臭もしたいコンパクトな商品といった観点で

選びました。

 

良い口コミ

 
評価:
作り付けのWIC内に配置
なんだか狭い部分の奥の方は湿気ってるかもと思ってはいたが
シートをおいて4日目でゼリー化・・・
え!!!そんなにも湿気多いのか
とさらに購入
シリカゲルも併用している為、最近は良い

シリカゲルと違って再利用は不可の様だが
そのままポイできるので水をこぼす必要もない
しばらくはこれを使います

 

 
悪い口コミ
 
評価:
これリニューアルしました?
以前の物とパッケージが違うものが届きました。
しかもリニューアル後のは明らかに吸湿が悪いです。

引き出しに入れるタイプの吸湿剤は他社含め色々使っているのですが、このリニューアル後の吸湿剤だけ明らかに吸湿が遅いです。

長持ちするなら文句ないけど、今までは1週間もすると吸湿していたのが、これは1ヶ月たっても中身がサラサラしたままなので本当に吸湿してるの?って不安になります。

何か不安なのでリピートはしません。
 

Naoko

小さくてコンパクトなので、スペースを取らない反面、すぐ吸湿し過ぎてジェル化してる。

といった口コミが多い印象でした。 長期間放置には向かないです。

Naoko

シート以外のコンパクトな商品ってないかと思い探してみました。

良い口コミ

 
評価:
クローゼットの棚に置いています。しっかり除湿してくれてますし、場所をとらないので重宝しています。
悪い口コミ
 
評価:
梅雨の季節で仕方ないが、すぐに取り替えないといけない。

Naoko

サイズが小さいのもありこちらも長期の除湿には向かないようです。

こまめに様子をみて、取り換えたほうがよさそうです。

6.まとめ

Naoko

除湿剤ってかなり種類があって迷っちゃいますよね。

困ったら、大容量の置き型タイプがおすすめです。

 

この記事を書いたライター

Naoko

IT業界で決済の不正対策を実施しつつ馬術の世界でも修行中。

裏ミッションは素敵な馬術の世界を広めるために、馬に興味関心を持ってもらう人を増やすこと。

読んでいただきありがとうございました♪

 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ