【2019年決定版】 年賀状印刷の安さ、品質、業者の特徴を徹底比較!!

記事更新日: 2018/11/20

ライター: ぺーすけ

年賀状印刷をネットで申し込む事って、どの業者に依頼するか悩みますよね。

・各業者の値段の違いって何だろう?安い所はどうなの?

・写真年賀状を作りたいのだけど、どの業者が品質いいのかな?

・色んな業者があるけど、何を基準に選んだらいいのだろう? 「正直、自分にとってのベストな業者がどこかわからない!」

 

そんな、頭の中の??をクリアにしていこうというのがこのサイト。 年賀状印刷業者選び注意点をはじめ、あなたにぴったりの業者が見つかる様に 一生懸命書いてみましたので、良かったらお付き合い下さい(^^

 

年賀状のネット注文でのリスクを考える

注文した年賀状が届かない!

年末が迫っても、注文した年賀状が届かない、そんな事もあります。

理由は、業者が見込んでいた、注文数量を大幅に超えたりする場合。 膨大な印刷に、人員不足などが重なって、顧客からの注文に素早く的確に答えることが出来なくなります。

1月1日に間に合わなければ、年賀状の価値はかなり落ちてしまいます。 「今回はすいませんでした!お代は結構です!」と言われても、 「いやいや、お金払うから時間を巻き戻して1月1日に到着するようにしてよ、、、」って感じになってしまいますよね。

 

写真印刷が安かったから注文してみたら、、、。

やえこさん(20代女性)

業者のホームページを見て、他と比較しても写真印刷の値段が安かった! ホームページの情報でも、写真プリントに力を入れている感じがしたので、ここがいいな。と思って 注文したら、写真が荒かった。おまけに、紙の材質があまり良くなかった。 結婚式の写真を載せた年賀状だったので、こんな形の物は送りたくないと思いすべて作り直した。

安さだけを売りにしている所もあります。

勿論、安くても丁寧でいい業者もありますが、利益を出すためにコストを抑える業者もあります。

 

逆に金額と労力が増した。

筆者の母(60代女性)

初めて、ネットで年賀状の注文をしてみました。 ネットが不慣れだったため、入力を間違えて、途中から電話でのやり取りになりました。 相手側の丁寧な対応にはとても感謝は出来たのですが、如何せんどうしていいのかわからず、 最小限の要望だけ伝えて、後は業者にお願いしたところ予想より4000円程高くなってしまいました。 正直、電話でのやり取りに気を使っていた部分もあり、強く言えませんでした。 (後になっては、いい思い出話ですが(笑))

メールのやり取りや対面だと自分の考えは伝えやすいです。

ただ、電話になると相手の顔も見えないし、どことなく緊張してします。 相手に上手く伝えられない事もあります。

疲れた上に、値段も高かったら、「何のためにネット注文したのだろう?」 と思ってしまいますよね。 申し込みフォーマットがシンプルで簡単なことも、ネット注文において重要な要素なのかもしれません。

年賀状印刷の業者を比較する中で感じた重要ポイントと伝えたいこと

年賀状印刷業者の元々の業態を知る。

年賀状印刷に参画している業者も様々な業態の企業だったりします。 ウェブコンテンツをメインにしている会社もあれば、 名刺印刷など紙媒体をメインにしている所もあります。 更には、写真屋さんだって参入してきています。

ここで、言いたい事は、 ウェブ会社や印刷会社、写真業者がそれぞれ全く同じ品質の印刷、写真を提供してない ということです。

例えば、年賀状写真であれば、CMでおなじみのフジカラーがあります。 この会社の大元は、大手の写真会社富士フィルムです。 写真に関して言えば、実績も十分ありますし、信頼が担保されている訳です。

他にも、株式会社アーツは、封筒や伝票、名刺などの紙媒体を企業向けに行っている会社ですが、年賀状において、印刷を重要視するのであれば、こちらの業者が信頼出来るでしょう。

 

自分の作りたい形から、その項目に特化した業者を選ぶこと。 こんなことも、方向性を間違わないために重要なのかと思います。

例えば、良くある比較項目としたら、

・値段

値段の構成には、

・印刷料金

・基本料金

・宛名印刷

・送料

・早期割引

とあります。 値段の安い業者では、基本料金無料、宛名印刷無料、送料無料、早期割引あり。 と、かなりリーズナブルな物もあります。 金額を意識する方は、こういった部分を意識するといいのかなと思います。

究極、金額を強く意識する様であれば、シンプルな柄のついた年賀状を買ってきて、手書きをする方法もありますので、比較検討してもらうのもよろしいかと思いますよ!

 

・品質(クオリティ)

これは、先ほど話した内容と重複しますが、 写真印刷であれば、大元は写真業者 印刷の質にこだわりたい様であれば、印刷業者 と、「靴のことは靴屋に」といった考えで検討してもらうといいのではないかと思います。 ・種類の豊富さ 業者によっては、多い所で1000~1500種類の年賀状のパターンを持っています。 その中には、ディズニーなどのキャラクターものを扱っていたりもします。

 

・種類の豊富さ

業者によっては、多い所で1000~1500種類の年賀状のパターンを持っています。

その中には、ディズニーなどのキャラクターものを扱っていたりもします。 「折角作るのだったら、自分の大好きなキャラクターで年賀状を作りたい!」 と思う方や、 「他の人と絶対かぶりたくない!」 と感じる方は、多くの種類がある業者を選ぶことがオススメだと感じます。 ・保証内容 保証に関しては、業者によってかなり差がある様に感じます。

業者Aに関しては、 ・仕上がりに満足頂けなければ、キャンセル料なしで対応。

業者Bに関しては、 お客様都合による返品、交換は受け付けていません。

業者Cに関しては、 商品に不備がある場合、商品到着後7日以内にご連絡下さい。 →商品に不備が認められた場合、返品、交換を致します。

といったような感じになっていますので、 ネットが不慣れな方や、少々心配性な方は、 保証が手厚い業者がいいのかなと思いますよ。

この中から、2項目をピックアップして貰えると、自分にとっての理想の形が絞れてくるのではないでしょうか。 細かく言うと、他にも注文を、年末ギリギリまで受け付けてくれる所や、 注文フォームやレイアウト調整がシンプルでわかりやすい所もあります。

ご参考までにやってみて下さいね♪

ちなみに自分だったらどうするかと考えると、 僕の優先は、

手間を省くことと、保証

が重要なので、ここがしっかりしている所を選びます。 その後に、安さにこだわるようであれば安い業者を選びます。 あるいは、写真年賀状を作るようであれば、大元が写真メーカーなどの写真に強い業者を選びます。 手書きや自宅印刷の手間が僕にとっては、お金を払ってでも一番省きたいところです。 そして、事前に不備がないかを確認した上で、会社の関係者や友人に安心して差し上げたいので、納期や保証を意識します。 こんな感じで、目的がはっきりしていると、業者選びも簡単になってきますよね♪

年賀状印刷業者を徹底比較

では!自分目線ですが、ここいいんじゃないか。という業者さんを紹介していきます。

■アンビエンテ(株式会社ヘキサゴン)

こちらは写真入りポストカードの専門店です。他者と比べると価格が全然違う。 少々お高い(;’∀’)ですが、結婚や出産の報告で年賀状を送るのであれば、僕は間違いなく!こちらを選びます。

会社は2000年に創業し、18年目で実績も満足度も98.4%(公式ページ)と高いです! 社長が印刷業の経験もある方で、印刷やデザインにはかなり力を入れています。

デザイナーさんが1点ずつ制作しているんです。

写真がよりよく生かせるよう、写真枠の大きさやレイアウトを細かく変えています。

どこまでもお客様目線で、ご希望のレイアウトなとがあれば要望を伝えることもできます。

デザイナーさんと直接やり取りもできるので、安心してお願いできますね。

Sさん(40代男性)

デザインの多さ、納品の速さ、何より、スタッフの方が親切です。写真のサイズ、カットの仕方、今回は2枚でしたが、数枚写真を使う時の配置など、思っていたより写真の見栄えがよくなかったりすると、何パターンかわかりやすく提案していただけ、いろいろご相談させていただいたりして、出来上がりは、いつも大満足です!!これからも、写真はがきは、アンビエンテさんにお願いします。

Hさん(30代女性)

対応は親切でした。ですが、電話口では自分のイメージが伝えきれなくて少々妥協を余儀なくされた感じもあります。自分自身がネットに強くないので仕方ない部分もあるんですが。。こんな感じなら家の近くの業者さんに頼めば良かったかも。

ちなみに、早割などのキャンペーンでお得に注文できる期間もあるようです。

【ホームページの画像】

 

■おたより本舗(株式会社アーツ)

注文枚数は1枚からOKです!今年は上司だけでいっか!という方にも超おすすめです。(そんな人いないか・笑) 足りなくなった時のために数枚多めに注文しておくと良いかもしれませんね☆

保証もあって激安も実現!おたより本舗です! お得情報がたくさんありますが、 気に入らなければ返品OK!個人的にはかなり響く文句。

ネット注文は不安もつきものですが、おたより本舗はそんな方の味方ですね☆ 価格は7パターンもあり、デザインによって金額が分かれています。 下記の表は中間の値段で表記していますが、これより安いものもあるので、 選ぶデザインによってはかなり安い。

宛名印刷も無料とまではいきませんが、 最安値です!! 送料無料、代引き手数料無料もうれしい特典ですね☆


【ホームページ画像】

■ふみいろ年賀状(株式会社ワンオール)

こちらは、激安とまではいきませんが、安さもあり保証もちゃんとしています。 ふみいろ年賀状としては今年で2年目になりますが、以前は「ネット印刷24」という名前で信頼もある業者さんです。 保証に関しては「200%安心保証」と書いてある通り、お客様の入力ミスでも無料で再印刷してくれます♪ 本来ならば、再印刷代がかかったり、修正が利かずにまた注文から・・・なんてこともあります。これを無料で対応してくれるのは、嬉しいサービスですね。

【ホームページの画像】

■挨拶状ドットコム(株式会社グリーティングワークス)

こちらは宛名印刷がなんと、無料なんです!

何十枚も出す方は1枚1枚入力して印刷・・・気が遠くなりますよね。 印刷無料ならば気兼ねなくお願いしちゃいましょう!

業者によって様々ですが、宛名印刷が無料のところはほとんどないです。 業者で写真付きの年賀状を印刷し、届いた年賀状に宛名を印刷!しかし、年賀状がぶ厚すぎて宛名印刷できない!なんてトラブルもあります。

裏も宛名も同じ業者にお願いすれば安心ですね♪ 挨拶状ドットコムはどの記事を見てもランキングが1位ですが、返品やキャンセルで融通が利かないため、私はう~ん。という感じです。 自分たちのミスでなければ返品は受け付けないというのは親切心に欠ける気がします。 ただ、それだけ自社製品に自信があり、返品させないだけの年賀状を作ります!!との気合いも感じられますね。  

【ホームページの画像】

■Rakpo(株式会社ビットブレーン)

ここは安さが1番の売りです! 安さを優先したい方はここがおすすめ!

早割で12/28までに注文すると、通常価格より45%OFFです!!カラーの通常価格が10枚で3,900円のところ、45%OFFで10枚2,145円で印刷してもらえます!!

裏のデザインとは別に、ディズニーやハローキティ、スヌーピーの年賀状(52円)も選ぶことができ、宛名の面にはキャラクターデザインがあります☆ キャラクターはがきでなければ1枚47円で安いのも魅力ですね!

Jさん(30代男性)

子供の写真年賀状を送るのに、自宅のプリンターではなんかちゃちいんですよね。 その点ラクポはフジカラー品質のクオリティ写真プリントを使っているので安心できます。

【ホームページの画像】

全体の比較表をのせておきますので、参考にしてください♪

いかがでしたでしょうか?

業者によって特徴は様々で、デザインがたくさんあるところもあれば、早割を売りに安さを優先しているところもあります。何を最優先するかによって選ぶところが変わってくるので、ご自分にあった業者にお願いしましょう(^^)/

この記事を書いたライター

ぺーすけ

薬剤師(漢方を語らせたら一日喋ってます)

FXトレーダー

一日一食、たまに二食

毎日の日課はトイレ掃除とストレッチ

この記事に関連するラベル

ページトップへ