おせち料理はいつ作る?予約購入はいつまで?スケジュールまとめ

記事更新日: 2020/09/26

ライター: あっきー

あっきー

おせち料理準備のスケジュール提案します!

 

こんにちは!あっきーです!

ロハリブではおせち料理について、多くの記事を書いてきました。

ただ、実際に用意するとなると、手作りにしても購入するにしても、スケジュールを意識して準備する必要があります!

今回は、それぞれのスケジュールについて、提案していきますね!

手作り派は12月、購入派は9~10月から準備すべし!

おせち料理の準備時期については、手作りするのか、購入するのかで分かれます。

手作り派の方は、12月から動き始めても間に合います。

作り始めるのは、仕事納めをした後の12月28日や29日からの人が多いようですね。

 

購入派の方は、まさに今から準備するのをおすすめします!

各百貨店や有名料理店監修のおせち料理などは既に予約も開始していたりするので、是非チェックしてみてください!

過去の記事もぜひ参考にしてくださいね(^^)

 

手作り派のスケジュールについて

あっきー

おせち料理を作る上でのポイントとスケジュールを紹介します!

上述したように12月から計画しても十分に間に合うでしょう。

ここでは、年末の実際に作り始めるときのスケジュールを書いていきます!

 

基本ポイント「日持ちするものから作る!」

おせち料理は数日間にわたって作ります。

また、食べるまでも何日かかける場合も多いですよね。

そのため、

「日持ちするものから作る」

というのがポイントとなります!

 

スケジュールの提案をします!

さて、ポイントを押さえた上で、スケジュールを提案します!

12月29日

  • 黒豆を戻す(煮汁につける)
  • 数の子を塩抜きする
  • 昆布巻きを作る

12月30日

  • 黒豆を煮る
  • 数の子を漬け汁に浸す
  • 田作りを作る
  • 酢の物(紅白なます、酢れんこんなど)を作る
  • 栗きんとんを作る

12月31日

  • 伊達巻を作る
  • ローストビーフを作る
  • 煮物(筑前煮、えび煮など)を作る
  • 盛り付けをする

1月1日

  • 焼き物を作る

 

簡単にスケジュールの提案をさせていただきました!

ぜひ、今年の年末の参考にしてください(^^)

まとめ

何事も早めが肝心!

特に購入派の人は、人気おせちは売り切れてしまうことも多いので、早めに予約しましょう!

これまでのロハリブの記事では、それぞれ人気記事の評判についても調べているので、ぜひチェックしてみてください(^^)

 

手作り派の人たちも、のんびりしているとすぐに年末になって慌ててしまうという事態に。。。

各家庭の状況によっても変わってきますので、この記事で書いたスケジュールを参考に、各家庭に合わせて計画を立てるのをおすすめします!

 

今年は、コロナで大変な1年となりましたが、年末・年始はおせち料理で楽しめるといいですね(^o^)

この記事に関連するラベル

ページトップへ